キャッシングを上手に利用して危機を乗り越えよう

消費者金融の審査は緩いのか

インターネットを検索してみれば、消費者金融と銀行の審査に違いに言及しているサイトは少なくありません。まったく同じような論調が多いといえますが、ほとんどが銀行の審査が厳しく、銀行に比べると消費者金融の審査が緩くなっているということです。

しかし、銀行と比べるとという意味であり、消費者金融の審査が緩いということはまったく利用する人の主観でしかありません。それぞれの消費者金融でそれぞれの審査基準を持って審査しているのですから、厳しいとか緩いとか一概に言えるわけもないことです。

ただし、金利は銀行と比べると消費者金融の方が高い目に設定されていることが多いために、銀行と消費者金融の競争の関連から消費者金融の審査が銀行と比べると厳しめになっているということです。

実際には口コミなどを精査すれば銀行の審査に通って、消費者金融の審査に落ちるなどのことは頻繁に起こっていることですから審査基準はそれほど簡単ではないということです。

即日でも使えるキャッシングについて

担保無し、保証人無しで使えるのがキャッシングの魅力ですが、他にも無利息型のサービス、即日融資が可能など、金融機関次第でいろいろなメリットがあります。

即日融資は審査申し込みの時間帯によって利用できるかどうかが左右されることもあるので、すぐにでもお金が必要な人は昼頃までには申し込みをしておきましょう。夕方以降に申し込みをした場合、即日融資のサービスであっても審査は翌日以降になることがほとんどです(例外もあります)。

審査時間が申込方法によって変わるところも多く、店舗での手続きの方が審査結果が早く分かるといった場合もあります。また審査の過程で勤めている会社へ連絡が行くこともあるので予め注意しておきましょう。

本人確認を免許証で済ませられる場合もあるので、外出中でも審査の申し込み自体は可能です。インターネットでも手続き出来る金融機関はあるので、電話や来店するのが手間だと感じている人にも使い勝手は良いです。
>>>即日キャッシングランキング<<<

非正規社員が増えているという現在、頑張って働いてはいても、ワーキングプアという人も少なくないでしょう。それでも、まじめに働いていれば、収入が少しずつでも上がればよいのですが、非正規社員やパート、アルバイトでは収入のアップはあまり見込めないパターンが多いでしょう。

しかし、お金は無情にも出て行ってしまいます。それで、現金が足りなくなってしまうことが予想される場合、あるいは既に足りない場合は、キャッシングを上手に利用しましょう。

お金は黙っていても入ってきません。すぐに日払いのアルバイトが見つかれば危機を乗り越えることも可能かもしれませんが、住んでいる地域によっては日払いのアルバイトなどなかなか見つかりません。

毎月収入がある場合は、その収入が低くてもキャッシングが可能な金融機関が多いです。今はネットで申し込んで、必要な書類もネットで送り、あとは待っていればいいだけの「web完結」などのシステムが整っている金融機関が多いです。

web完結ですと、誰にも見られることなくキャッシングができてしまいます。困った時にはキャッシングを上手に利用して、危機を乗り越えましょう。

消費者金融を上手に利用する心構え等

消費者金融と言う言葉を聞くとあまり良いイメージではないですよね。でも利用の仕方を誤らなければ便利なものでもあるのです。急なお金の必要なことができた時などはとても重宝します。

生きていれば急にお金が必要になることは珍しいことではありませんし、持ち合わせやちょっとした貯金では必要な金額に足りないということもあるでしょう。そのような時にはキャッシングを利用することも必要です。

キャッシングは賢くマイナス面もしっかり理解し、うまく活用すればあまり気にする必要はありません。しかしキャッシングはどう言い方を変えたとしても借金には変わりがありません。キャッシングなどの借金をする時には考えなければならない二つの心得があるのです。

今では即日融資を謳っている会社も多いです。利用する際には、利用可能額・契約利率・遅延損害金・返済方法などをよく調べて検討しましょう。

一つ目はキャッシングの金利は低いものを優先することです。少しの金利の差であっても、金額が大きくなったり、返済期間が長くなれば利息額に大きな違いが出てきます。借りやすいという理由で高い金利のキャッシングは避けるべきです。

もう一つはキャッシングの返済は短期間で終わらせるべきです。金利もそうですが、返済期間が長くなれば返済利息は加速度的に大きくなります。それに借りたお金はさっさと返済することが精神的にもいいでしょう。

また、申込みの初めに審査があります。審査なしを謳っているところは悪質な業者の可能性大なのでそういったところは避けるべきでしょう。用紙に記入する事柄について、虚偽の記載は厳禁です。

審査に通ればATMなどで利用可能額までキャッシングすることができます。その際は利用の目的をよく考えましょう。何のために借りるのかを考え、必要最小限の金額にすることが大事なのです。

たまに自分の貯金のように錯覚をして未計画でお金を借りてしまう方もいます。自分の収入や返済金額をきちんと考え、生活に支障のない程度にお金を借りる事が大切です。

返済については期日をきちんと守り、遅延のないようにしましょう。それが信用となり、次のキャッシングに繋がいます。上でも記載したように、返済は遅れれば遅れるだけ利息が高くなります。キャッシングは、あくまでも「お金を借りる」行為です。借りたものはきちんと返すのが基本であり常識です。上手に利用してこそ消費者金融の利用が役に立ちます。

キャッシングの借り入れ額と返済額はきちんと覚えておくこと

キャッシングを使うときに一番気をつけたいのは、借入限度額と毎月の返済額です。特に近年はリボルビング払いが主流となっていますので、リボ払いで借りたお金の額によって、毎月返済する額がどこまで変動するのかを確かめておく必要があります。

例えば、20万円までは毎月10,000円ずつの返済でもよく、21万円から30万円までは毎月15,000円ずつの返済になるという会社もあるのです。そうした場合、20万円ぎりぎりまで借りておいて、21万円に届かない範囲でキャッシングするというテクニックも使えます。

そのため自分が借りている金額と返す金額をしっかりと覚えておきましょう。なぜなら、もしコンビニですぐにキャッシングをしたいとなったとき、現在借り入れている金額のラインを覚えておかないと、その月に借りた金額が翌々月に乗っかってきた際、規定額を超えてしまいます。

結果的に毎月の返済額が大きくなるといったことも考えられるので、自分でキャッシングしている金額と返済額はきちんと覚えておきましょう。

カードローンの契約をしました。

お金が無い、ということでカードローンの利用を考えたのですが、銀行系と消費者金融系で迷いました。で、散々迷った結果私が選んだのは消費者金融のカードローンの方でした。

何故金利がだいぶ低い銀行系のカードローンではなく消費者金融系のカードローンを選んだのかというと・・・ネットの口コミなどで審査が消費者金融系の方がゆるいのでは?という書き込みを見たからです。

実際に銀行より消費者金融の方が審査がゆるいのかどうかは分かりません。ですが、確かにどっちが貸してくれやすそうかというと消費者金融が思い浮かびますよね。私はお金を借りるのに特別急いでいたわけではありませんが、何度も申し込みや審査をやるのは嫌なので消費者金融を選びました。

で、申し込んで審査を受けたわけですが・・・とくに何も無く通過しました。よくよく考えたら、普通に働いていますし勤続年数も長いので早々落ちないですよね。なんですが物凄く不安だったんですよね。とりあえず何事も無くカードローンの契約が出来て良かったです。

繰上げ返済を利用せよ

キャッシングを利用した時になるべく利息額を少なくしたいのは誰でも考えることでしょう。その利息額を少なくするために有効な手段の一つが繰上げ返済を利用することです。

毎月の返済をしっかりとすることはキャッシングを利用する際の最低限の必要事項ですが、毎月の返済をしてもお金に余裕があるというときには繰上げ返済を利用しましょう。

通常の返済では返済した金額はまずは利息に充当され、利息に充当した分以外の残りの金額を借入元本に充当されるため利息計算の基本の金額になる元本が大きく減らないことになります。

ところが繰上げ返済をした分の返済金額はすべての金額は利息ではなく、借入元本に充当されることになりますから、元本が大きく減ることになり、繰上げ返済を利用した以降の利息計算が少ない元本からされるので、利息額を大きく減らせることになります。繰上げ返済を利用することで支払利息が減り総返済額を大きく減らすことができるのです。

ギャンブルには消費者金融が付き物

ギャンブルが大好きな人が消費者金融に頼る話はよく聞きます。すぐに消費者金融にお世話になってるのが周りも気付きます。なぜなら、職場にも消費者金融とおぼしき人から電話が入るからです。

相手は消費者金融のことやお金の話は一切しないですが、あまりに不自然な相手からの電話ですから、消費者金融に詳しくない人でもわかります。消費者金融でお金を借りてる本人は、その電話には絶対に出ないわけですから、余計に怪しい電話相手だと感じます。

あまりに電話が多いとスマートフォンの電源を切ったり、自分の仕事場から常に離れてるような行為に出ます。大抵、一社の消費者金融だけでなく、数社の消費者金融から借りてるので、電話に出ない為に本人も必死なのです。なぜ消費者金融から会社へ電話がかかってくるかというと、契約する時に会社の電話番号を求められるケースがあるからです。

それが信用になり、お金を借りれるのです。そんな消費者金融も最近は、法律である出資法の変更により過払い請求などで売上を落としてるようです。

最近消費者金融の広告が増えてきたような気がします

私が見る限り消費者金融の広告が増えたように感じます。街を歩けば広告入りのポケットティッシュが配られていました。某動画共有サイトを見ていると、広告として消費者金融の映像が流れます。

消費者金融に加えるかどうか微妙ですが、銀行のATMを利用すると頼んでもいないのにカードローンの案内が出るようになっています。このように、あくまで私の主観ですが、消費者金融の広告が増えてきたように感じます。どう考えればいいのでしょうか。

1つは景気回復にともなってお金を借りて消費をする人が増えたという説です。
政府はアベノミクスを実行しています。仮にそれにより景気が回復し、それにともなって消費が活発になっており、そのためにお金が必要なので利用する人が増えているというならばそれもありでしょう。が、経済指標などを見ると、そこまで目を見張るほど景気が良いとも思えません。

2つ目に、逆に景気が微妙なので収入が減ってやむを得ずお金を借りる人が増えているという説です。1つ目の真逆です。もしこれが本当だとするとかなり深刻な問題です。とはいえ、景気が微妙な中でお金に困っている人にお金を貸したところで返ってくる見込みがあるのでしょうか。私が消費者金融の社長なら不安になってしまいます。

3つ目は、普通の融資では儲からないので、比較的高金利の消費者金融が盛り上がっている説です。1つ目と重なるところがあるのですが、アベノミクス1本目の矢である異次元金融緩和により超低金利になっています。そのため、普通に融資をするだけでは儲かりません。先日日銀はマイナス金利を導入しました。そのあおりを受けて銀行はなおさら収益が厳しくなっています。そんな中でも消費者金融は比較的高金利で貸し出すことができるので、銀行にとってはうれしい分野です。

さて、どれが正しいのでしょうか。

少なくとも、広告をバンバン打つということは、それなりに需要を掘り起こせば行けそうと思っているということです。そうでないなら広告費をかけてまで宣伝したりしません。一定期間金利ゼロだとかいろいろ言っていますが、無計画な借り入れは避けるべきでしょう。